マッサージには良い効果がたくさんあります

マッサージをすると気分がすっきりして気持ちがよくなるなど良い効果がたくさんあります。

自律神経がバランスを崩すと頭痛、めまい、吐き気など体の不調が出てきます。自律神経は交感神経と副交感神経の作用によるものですが副交感神経が弱まると体の変調が起こります。マッサージを受けることで副交感神経が活発になるのでよく眠ることができるようになり体の不調が改善されます。免疫力も高まるので細菌やウイルスから体を守ることができ風邪などの病気にかかりにくくなります。

免疫力が増えると体の中のがん細胞抑制の効果もあります。マッサージは血液やリンパの流れをよくするので体外に不要な老廃物を排出することができます。リンパ液は血液の中に入り肝臓や腎臓で無毒化されますからリンパの流れが悪いと老廃物を体外に出すことができずに体に負担がかかります。また筋肉をほぐすことができるので血流がよくなり肩こりも解消されます。

運動による疲労はマッサージを受ける事で回復効果が早くなりますからスポーツ選手には最適です。スポーツ選手以外にも力仕事や引っ越しなどで筋肉疲労があるときには早期に受けたほうが回復が早くなります。けがや病気などで寝たきりで動けなくなると筋細胞が壊死して線維化しますがマッサージにより線維化を防ぐことができます。筋細胞の伸縮性が失われて細胞が元に戻らなくなるので早期に受ける事で防止することができ、回復の時に必要となる筋細胞を正常な状態で残すことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *