マッサージはセルフでも可能

マッサージと聞くと、店舗や整体に行かないときちんと出来ないというイメージもありますが、実際にはセルフ(自分)でも可能です。

特に一番お勧めの時間帯は、お風呂に浸かっている場合です。湯船につかっていると血行も良くなり、マッサージを軽くするだけでも脂肪を燃焼すると言われています。その際にも知っておきたいマッサージ方法は、その疲れを感じている部分だけではなく、足に疲れがある場合などは、併せて腰へのマッサージも行いましょう。

足の疲れの際は、腰への負担も掛かっている場合が多いので、腰も入念に押したり揉むと言う行動を繰り返します。腰は特に一番神経があり、ほぐすことで体調面もいい方向へと繋がっていきます。また腕をマッサージする場合は、肩や肩甲骨付近も意識して動かしたりすることで、日頃の疲れをためて行かないように心がかけましょう。特に一人でも出来るものとして、しかも毎日しなければいけないという使命感もなく出来ることがあります。肩甲骨を動かす事です。

前後や上下に動かすことで、両腕の可動域が広がっていきます。それだけでなく、代謝もアップするので、その他で疲れが見える箇所と同時に行う事をお勧めします。そうすることで毎日の疲れをその日その日にクリアにした状態で終える事が可能になってきます。毎日を自分のセルフケアで行いながら、月に一度や二度を専門医院でするという事も可能になってきます。お風呂でもリビングでも肩甲骨を十分に動かすことで、疲れる度合いも変わってきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *