自分で行うマッサージのコツ

身体がこっているけどマッサージやエステサロンには忙しくていけない、と言うときにおすすめなのがセルフマッサージです。

肩こりなどを自分でできるケアを行うことによって、かなり軽減することができるようになります。肩こりは筋肉の緊張によって起こるため、筋肉の緊張をほぐすため、鎖骨のすぐ下を押し中央から肩の移動しながら痛いところを重点的に押し、片方が終ったら肩を回してみるという方法を一日に何度か行うと効果的です。首のこりには耳の後ろから鎖骨の中心にかけて軽く摩りながらリンパの流れを良くすることで効果があります。

痩せにくい下半身は老廃物が溜まりやすいため、足痩せを目指したい場合にはマッサージが有効となります。マッサージを行うことによってリンパの流れを良くし、溜まっている余分な水分や老廃物を排出しやすくできるようなるのです。足首から膝裏にかけて、両手で包み込んで下から上へとさすり上げ、リンパの溜まりやすい膝裏を揉み解し、両手の平で軽く圧を加えながら太腿を摩り上げて、リンパの溜まりやすい股関節は両手で念入りに揉み解すなどがむくみや足の疲れ、足痩せに効果的です。

マッサージにはさまざまなものがあり、自分の手の平で行うものから道具を使ったものなどがあります。しかし、どのような方法でも毎日継続して少しずつでも行うことによって、こりやむくみなどの症状から、アンチエイジングやダイエット効果を得ることができるようになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *