目を大きくするためのマッサージ

顔の中でも気になるのが目ですが、小さかったり一重だったりと悩みも多い部位です。

その原因は、瞼のたるみや血行不良だといわれていてそれを改善することで、パッチリ目も期待出来ます。マッサージをするときには、ぬるま湯で手を暖めます。掌を中心にマッサージ用クリーム、オイルを馴染ませて、出来ればお風呂の時間に行うとより効果的です。目を大きくするには、人さし指の第二関節を90度に曲げて、親指は真っ直ぐに伸ばした状態にします。

親指の先をこめかみに当てた状態で、曲げた人差し指の第二関節を使って、眉頭から眉尻に向かって上まぶたをマッサージし、下まぶたも同じように5回ずつ行います。次に、指の形を同じにしたままで、眉に沿って同じように5回行います。あとは、手のひらで目の周りを優しく覆って、眼球を軽く押さえて終わりです。他にも、目力を上げるものもあります。

これは、人差し指、中指、薬指の3本を目の下にある骨の部分に沿っておき、そのまま真下に向かってゆっくり5秒ほど押します。3回を1セットとして、1日に3セット行います。自力で二重まぶたにするには、蒸しタオルでまぶたの余分な脂肪を燃焼させて、二重ラインを癖づけて、それを定着させます。

目を大きくしたり、自力で二重にするマッサージを行うときには、けして無理にすることなく優しく行います。また、改善させながらメイクなどを使って、より魅力的な目に見せることが出来るので、色々恵比寿の整体で試してみるとよいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *